詰まりを防ぐためには

フードファン

トイレを使用する際には、トイレ詰まりを起こさないようにすることが大切です。逆流して便器の外にあふれ出ててしまったら、部屋が汚れで掃除が大変です。マンションなどの集合住宅であれば階下の部屋の人にまで被害を及ぼしてしまう恐れもあります。また、あふれ出ないとしても、そのままにしておいては使えませんし、公共の施設でトイレ詰まりの状態のまま放置すると、次に使う人に迷惑になってしまいます。 なお、備え付けのトイレットペーパー以外は流さないように注意書きがされているトイレがありますが、中には流す力が弱いトイレなので、途中で流すように書かれているものもあります。トイレを利用する際には、こういった貼り紙などをちゃんと読むことも大切です。

トイレのトラブルの代表的とも言えるトイレ詰まりは、ちょっとした心がけがあれば十分防げるものですので、きちんとした知識を持っておくことが大切です。 大切なのは、流す物と量です。基本的に排せつ物とトイレットペーパー以外は流すべきではありませんが、盲点とも言えるポイントがあり、ペットのフンは量が多くなくてもトイレ詰まりを起こしやすいことがありますから、注意が必要です。 なお、人間の場合は排せつ物の量が多く、トイレットペーパーもたくさん使ってしまい、便器の中に大量にある状態で一気にレバーをひねって流すとトイレ詰まりをおこしやすいですから、最後までひねらずに中ぐらいの量で何度か流したり、そもそもここまでの量になるまで使わず、途中で流すようにするべきです。まめに流すようにしていれば、まず詰まらずに済みますので、面倒でもこういった対処法をとることが大切です。